残留塩素とは

残留塩素とは

残留塩素とは浄水場で原水をろ過した浄水を各戸まで安全に届け、さらに家庭で使用されるまで効果を発揮する様に調整・注入された「次亜塩素酸ナトリウム」等による塩素処理の結果、水中に残留した有効塩素の事です。


低コストで細菌類への殺菌効果も高いので、浄水場では広く使われています。しかし、塩素臭や金属腐食などや、水中のフミン質などと反応してトリハロメタン等を生成するなどの障害もあり、また消毒殺菌能力(酸化作用)の高さが身体にも刺激をあたえる事があります。


特にたんぱく質の変質による障害報告は多く(皮膚の角質層や髪の毛のキューティクルへの影響)、枚挙に暇がありません。皮膚や髪の毛の表面組織の傷は、お風呂でのピリピリ感や、髪の毛のゴワゴワ感となってサインを送っています。
※体に影響を与える塩素の量は、体質・体調等により異なります。

 

残留塩素の副生成物である、塩素化合物(トリハロメタン類など)は、「発癌性の恐れあり」 として国際癌研究機関から勧告されている物質です。体内に蓄積されれば、癌を引き起こす可能性があるということです。
安全な水を維持するための塩素処理が、身体に影響があると思われる結果に繋がっているのです。

残留塩素の濃度はどれくらいなのですか?

水 道水中の遊離残留塩素濃度は水道法により、各家庭の蛇口(給水栓)で1リットル当たり0.1mg以上の濃度を保持していることが義務づけられています。水 源の水量が減ったり、豪雨などで水源が汚れたりすると、衛生性の観点からさらに塩素が加えられます。このことで水道水の安全は確保されますが、塩素消毒に よるカルキ臭や副生成物(トリハロメタンなど)が発生する度合いが大きくなります。

  ※都市部や、浄水場に近い地域では、残留塩素の濃度が高くなる傾向にあります。 
残留塩素のメリット・デメリットは何ですか?

残留塩素のメリットは、安全性確保のための殺菌力であり、それは法律で規定されています。末端の水道蛇口でも一定の濃度を保っています。
逆にデメリットといえば、残留塩素の酸化力にあります。水道水中の有機物と化合して有毒物質を生成したり、一定の濃度を超すと、この酸化力が髪や肌のタンパク質を酸化させてしまう可能性があるので、逆に残留塩素が極力抑えられている必要があります。

残留塩素は髪や肌にどんな影響を及ぼすのですか?

残 留塩素の酸化力が大きい場合、タンパク質からなる毛小皮(髪のキューティクル)が痛み、また皮膚のタンパク質も残留塩素により、酸化・分解されます。皮膚 の場合は自己再生力が強く、酸化によるダメージも個々の人によって異なるので、必ずしもその影響を断定できませんが、髪は自己再生力はなく、痛んだままで す。

残留塩素は肌や髪にどんな影響があるのか子 どもが水泳教室に通うようになったら、肌が荒れだした、といったケースが目立つことから、残留塩素が肌に悪影響を与えるのではないかということが以前から 指摘されていました。これまでは基礎的なデータがなかったため、残留塩素を含む何種類かの温水を用意して、肌への影響について試験をしたところ、たしか に、残留塩素の濃度が高い温水ほど肌の保水力や保湿機能が落ちることがわかりました。さらに、アトピー性皮膚炎の患者さん10人に浄水器の水を使って入浴 を1年間続けてもらい、症状の観察を続けた結果、6人はある程度の改善がみられましたが、3人には効果がなかったそうです。 こうした結果をみても、必ず しも残留塩素のみに皮膚病の原因があるとはいえませんが、悪化要因は遠ざけたほうがよいことは事実のようです。アトピー性皮膚炎の誘因や悪化因子は多数あ りますが、そのなかで残留塩素が強く関与している症例では、効果があったと考えられています。  【アメリカ研究皮膚科学会発表】

残留塩素は除去できるのですか?

はい。できます。

当社の浄水器では高性能カーボン(活性炭)ブロックフィルターで浄化し、残留塩素「ゼロ」という水質まで戻すことを可能に致しました。

 

活 性炭はその形状から、粉状・粒状・繊維状などに分けられます。一般的に粉末炭は「のこくずや素灰」を原料とし、また粒状炭は「石炭やヤシ殻炭」を、繊維状 炭は「有機繊維や石炭・石油ピッチ」などを原料としています。浄水シャワーは、水の抵抗が少なく吐水量が多くできるという理由から通常「繊維状活性炭」が 多く使われています。

 

美しの泉残留塩素実験
残留塩素実験:(左)美しの泉 (右)水道水
残留塩素が濃いほど色もこくでます

当 社の製品「美しの泉R」のフィルター(カーボンブロックフィルター)は、非常に細かいパウダー状の「最上級ブラックパウダー」を「圧縮成型・焼結」し、ブ ロック状にした飲水用フィルターとして開発した製品を使用しています。この大きな特徴は粒状タイプや顆粒タイプの活性炭と違い「水の抜け道」ができ難く、 吸着面積が大きいため、塩素、塩素化合物といった化学物質やニオイ、濁りを最も効果的に除去することです。
さらに発ガン性物質や催奇形物質と言われるトリハロメタン類やトリクロロエチレン類、異臭味成分、フルボ酸のような低分子物質も除去します。

「美しの泉R」のフィルターは、NSF(※1)の認証・(財)日本食品分析センター(※2)試験と、
日米の第三者認証機関、並びに分析試験機関の認定・試験を受けた製品です。
ご利用戴く方に、品質・安全の要求事項を満足し維持することをお約束します。  
※1.NSF(国際的な第三者認証機関)の認定製品です。
※2.(財)日本食品分析センター、10,000リットル通水で残留塩素検出は「0」
さらに当社独自通水試験、75,000リットルで残留塩素検出は「0」(DPD検査法)

 

水道水を湧水に戻す

水道水を湧水に戻す弊社のカーボンブロックフィルターのもうひとつの大きな特徴が、水が本来持っているカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分はそのまま残す能力なのです。

日本の水は自然が時間をかけてゆっくり濾した素晴らしい天然のミネラル成分がたっぷり含まれています。

 

当 社の浴室用浄水器「美しの泉R」は、水道水から刺激の原因となる「カルキ臭」や「残留塩素」を除去し安心で混じりけのない柔らかな「天然のミネラルウォー ター」をご提供します。お風呂やシャワーの水のお肌に触れる感触がガラリと変わるのを実感戴けることでしょう。極上のリラックスタイムをお届け致します。