ケア用品としての浄水器
肌トラブルは水道水が原因の場合も

私たちが毎日口にしているものといえば水なのではないでしょうか。
飲用するだけでなくお風呂に入ったりといろいろな場面で水は使われています。
女性にとって美容はとても関心が高いものです。
高級なケア用品を使ってもなかなか改善できないという方もいらっしゃると思います。
その原因のひとつに水道水が考えられませんか?
私たちが日頃から生活の中で利用している水の中で、特に肌と関係があると言えるのが、飲料水や料理に使用する水、そして、洗顔に使用している水です。

 

シャワーや洗面所の水から、プールの消毒液のような特有のニオイ、感じたことがあると思います。
雑菌が繁殖しやすい夏場などは特に、水道水の残留塩素は大量になる可能性が高くなるため、ニオイも強くなります。
水道水に含まれる残留塩素は、肌のたんぱく質を破壊、老化やかさつきの原因となることが知られています。
皮膚の場合は自己再生力が強く、酸化によるダメージも個々の人によって異なるので、必ずしもその影響を断定できませんが、髪は自己再生力はなく、痛んだままです。
低コストで細菌類への殺菌効果も高いので、全国の浄水場では有効塩素が広く使われています。

 

残留塩素の除去に浄水器を使うことも一つの方法です。
水道水は原水のアンモニアやその他の有機物と残留塩素が反応し、カルキ臭が発生します。
このカルキ臭を除去すれば、臭いのない天然水でシャワーを浴びているような爽快感が得られると思います。
浄水器を使用することで水道水の中に含まれる塩素を除去するため、入浴時やシャワー使用時のピリピリと肌を刺すような感覚が少なくなる効果もあるそうです。

肌ケアに安心できる水を

 

肌の調子が良くならないとお悩みの方は多くいらっしゃると思います。
残留塩素を除去すれば効果があるとは断定できませんが、悪化因子となるものをできるだけ除くことは、肌にとって望ましいと思います。
ケア用品のひとつとして浄水器を取り入れることをおすすめします。