家庭用浄水器のフィルタの仕組み

水道水はそのままでも飲めるものです、しかし臭いがきになるといった人にとっては欠かせないのが家庭用浄水器です。
今回は、家庭用浄水器でどんな成分を取り除いているのか、フィルタの役目が何なのかをご紹介したいと思います。

《家庭用浄水器が取り除いている物質》

川や池、地域によっては湧水などの自然の水は取水されて浄水場に運ばれ、ゴミの除去や塩素化合物の添加による殺菌が行われ、水道水となります。
日本の水道水には、水質基準と水質管理目標設定項目にクリアしなくては水道水として利用することはできません。
日本の水道水が飲めるのは、このような基準をきちんと守った管理がされているからなのです。
とはいっても、水道水には様々なものが含まれているため、臭いに悩まされる事もあります。
そこで、家庭用浄水器が必要になってくるのです。

 

家庭用浄水器には、水道水に含まれている、有害物質トリハロメタン・亜塩素酸や、サビ、ほこり、臭いの元、カビや菌などを除去する役目し、浄水として排出するのです。
除去で必要なのが、フィルタです。
フィルタにも様々な種類があります。

一つは、活性炭フィルタで、炭を顕微鏡で見ると、小さな孔が無数にあり、また表面から内部にかけて網目状の構造を形成しています。
水を通すと、活性炭の表面から引力によって、水中の微粒子が活性炭の表面に引き付けられます。
引き付けられた微粒子は、表面の細孔による毛管現象により孔に引き込まれ、出られなくなります。

二つ目は、中空糸膜フィルタで、濾過機能を持つ中空繊維のことをいいます。
膜といっても、形状はストローのようなものです。
このストロー状の繊維の壁面に特殊なスリット状の超微細孔があり、これで精密濾過を行うのが特徴です。
MF膜、UF膜、RO膜で、浸透圧を利用して不純物を分離するタイプです。
どちらも表現の違いだけで、同じ役割を果たしてくれるのです。

 

家庭用浄水器をおすすめします

家庭用浄水器はフィルタによって、美味しく、綺麗な水を生み出してくれるという事はご理解頂けましたでしょうか?