髪や頭皮について

皆さんは、水道水が髪や頭皮に影響を及ぼすのはご存知でしょうか?
皆さんがご存知のように、水道水には塩素が含まれております。
塩素は、そのまま服用すると人体にも影響があるのですが、実は、髪や頭皮にもとてもダメージが大きいのです。
飲料水や口に直接入る水は、水を購入して利用したり、浄水器を設置している方も多いかと思います。
でも、お風呂のシャワーはどうでしょうか?
塩素が含まれているのは知っているが、直接体には入らないから大丈夫・・と思っている方や、お風呂にも浄水器を設置するのはもったいない・・などの意見も多数あるかと思います。
しかし塩素と枝毛には大きく関係しているのが現実です。
高濃度の塩素が入った水道水でシャンプーをすると、どんなに高価で髪質に合ったシャンプーやトリートメントを使用しても、髪に大量の塩素が付着して酸化されることでダメージを受け、枝毛になると言われています。
私たち日本人は、毎日お風呂に入るのが当たり前の習慣になっているため、日々髪を傷めてしまっているというのが現実なのです。

 

水道水が髪と頭皮に影響を及ぼしています

また、水道水は髪だけのダメージだけではなく、頭皮への影響にも関係しています。
水道水には塩素だけではなく、カルシウムも含まれています。
カルシウムは、油分や皮脂などに反応することで、脂肪酸カルシウムに変わります。
脂肪酸カルシウムは、水に溶けない物質のため、石鹸カスのように頭皮に付着することで、毛穴を詰まらせてしまうのです。
毛穴が詰まることで毛根が炎症を起こしやすくするので、髪の毛に十分な栄養が行き渡らず、細く弱々しい髪の毛となってしまうのです。
また、塩素はたんぱく質を破壊する力を持っているため、髪や肌にも大きなダメージを与えてしまうのです。
毛穴の詰まりにより、かゆみやフケや炎症に影響がでて、薄毛や抜け毛の原因の一つにもなるのではないでしょうか。

 

やはり髪や頭皮ケアのために、お風呂の水も水道水ではなく、浄水器などを設置する必要がありそうです。